美顔器ってなぜか年齢が上の人が使うようなイメージがありますよね。
例えば母親がいる世代であれば、使って見たくなったり、勧められたりすることもあるでしょう。
では、10代20代などの若い世代は美顔器を使っても問題がないのでしょうか?

答えはNoです。

使ってはいけないわけではありませんが、若いうちに使っていると後々肌に弊害が出てしまう心配があるんです。

今回は10代20代などの若いうちに美顔器を使わない方がいい理由をお伝えしていきますね。

美顔器を使い始めるタイミングは?

美顔器を使い始めるタイミングは人によって変わってきますが、年齢などで区切るのではなく鏡を見て、

シワやたるみが気になってきた・・・
シミが気になりだして仕方がない・・・

こう感じた時が使用のタイミングです。

美顔器はシワやたるみなどの悩みを予防するという役割よりも、既にそういう悩みを抱えていて、通常のスキンケアでは追いつかない・・・という時に補助する役割で使用するものです。

ですから、鏡を見て「スキンケアはしっかりしているけど、どうしても気になる・・・」という時の切り札的に使用しましょう。

若いうちは、もしそういうことがあっても、日々のスキンケア、食生活、生活習慣などで改善できる人がほとんど。
そして、将来に備えて使いたい!という場合も逆効果なのでやめましょう。

10代20代などの若いうちから使うとどうなる?

10代20代などの若いうちは水分量、油分が豊富にあり肌に弾力がある状態。
もしその状態で、肌に美容成分を豊富に与えると肌はどうなってしまうんでしょう?

肌は肌を正常な状態に保とうと、水分を維持したり、皮脂を出して肌を守ったりと日々働いています。
そこに、美顔器で美容成分という名の栄養を与えてしまうと、肌は「働かなくても守ってくれるからいっか」と勘違いして仕事をサボってしまうんです^^;

そして、もし美顔器を使えなくなった時に本来の働きを忘れてしまった肌は、ガサガサになってしまったりたるみが出てしまったりと、様々な影響を引き起こすというワケです。

若いうちは自分の肌の力を信じてあげましょう。

どんな悩みを美顔器で解決したいと思いましたか?

美顔器が気になっていて、この記事を見かけた10代20代の若い人がいると思いますが、美顔器が気になった理由は何ですか?
何かしら肌に悩みを持っていますか?

肌がガサガサでうるおいが足りないと感じている

もし肌がガサガサでうるおいが足りない・・・ という場合は、乾燥肌の可能性があります。
乾燥肌だから、美顔器でしっかりと潤いを与えて保湿しなきゃ!と思っているのなら、それは若いうちはまだ早いかも!
上でも伝えましたが、若いうちの肌の力は素晴らしいんです!

肌に何かをするというより、日常の生活習慣から整えて見ましょう。
例えば以下の項目です。

・睡眠はきっちりと取れていますか?
・暖房や冷房に当たりすぎていませんか?
・偏った食事でビタミン不足などになっていませんか?

これらを一旦見直して、改善できるものは改善して見ましょう。
もし一時的な乾燥であれば、季節や生理周期などの影響の可能性もあります。
それは仕方がないことなので、通常通り、手やコットンを使ってやりすぎない程度にスキンケアで水分補給しましょうね。

ニキビに効果があるって聞いたから使いたい

美顔器の中にはニキビに効果のあるものもあります。
その噂を聞いて、ニキビを直したい!という目的で使用したい人もいるでしょう。

でも、実は大人のニキビと若い頃のニキビは種類が違います。
大人のニキビは乾燥した肌からくるものが多いですが、若い頃のニキビは汗や皮脂などの油分からくるものが多いです。

ですから、美顔器でのケアよりも、皮脂などの汚れを洗顔でしっかりと落とす方が大事なんです!

そして、美顔器にもイオン導出(イオンクレンジング)などのメイクや皮脂汚れを落としてくれる機能はありますが、汚れをしっかりと落とすには、美顔器よりも洗顔ブラシなどを使う方がいいでしょう。

肌に負担をかけずに、しっかりと汚れを落とす洗顔ブラシはこちらのサイトで紹介しています。
参考にしてくださいね(^^)

しっかりと汚れを落とすおすすめの洗顔ブラシはどれ?

日々の生活習慣をしっかりと

10代20代などの若いうちは、スキンケアも大事ですが、一番は生活習慣。
美顔器の使用を考えるよりも、まずはお伝えしたような、理想の生活習慣を実践することから始めましょう。
そして、何年後かにまた美顔器が必要になった時は戻ってきてくださいね(^^)
おすすめの美顔器をご紹介しますので☆

 

こちらの記事も人気です。
読んでみてくださいね(^^)
↓↓↓