美顔器は肌のうるおいを取り戻して、乾燥肌を改善したい!とお考えですか?

でも、ちょっと待ってください!
乾燥肌対策に美顔器が最適とは限らないんです!

今回は乾燥肌の種類と、それぞれの対策方法をご紹介しますので、自身の乾燥肌の種類と照らし合わせて最適な方法で乾燥肌をケアしてくださいね。

関連記事

乾燥肌のおすすめ美顔器はこちらの記事がおすすめです。
↓↓↓↓↓
乾燥肌美顔器おすすめNo1は?|ケア頑張ってるのにカサカサならコレ

乾燥肌の種類

乾燥肌は主に以下の2つのタイプに分けられます。

・一般的な乾燥肌
・加齢による乾燥肌

この2つのタイプから、原因と対処方法をお伝えしていきますね!

一般的な乾燥肌の原因と対処方法

20代30代で乾燥肌に悩んでいる人の多くは、一般的な乾燥肌に分類されることが多いでしょう。

通常は肌は潤っているもの

肌には「皮脂」「天然保湿因子」「角質細胞間脂質」という3つの潤いを助ける成分が備わっています。

だから保湿なんてしなくても、肌本来の力で肌は潤っているはずなんですね。

3つの習慣が肌の保湿機能を乱す

でも、ある3つの習慣によって、肌の潤いを助ける成分が乱れてしまい、乾燥肌という悩みを抱える原因となってしまうんです。

それは、「間違ったスキンケア」と「不規則な食事」、「日々の悪い生活習慣」です。

間違ったスキンケア

基本的にスキンケアは優しく行うことが大切です。

例えばクレンジングの時はシートなどでゴシゴシこすらずに、優しくメイクと馴染ませるように落としたり、洗顔の時もゴシゴシこすらずに泡で優しく洗ったり、洗顔の回数を必要以上に多くしないことが重要となってきます。

ゴシゴシこすったり、洗顔を過剰にしてしまうと、本来放っておいても水分量を保ってくれる肌の保湿機能となる部分を傷つけてしまい、乾燥肌の原因となってしまいます。

不規則な食事

極端なダイエットやファストフードなどで日々済ませていると、たんぱく質やビタミンなどの肌の潤いに必要な栄養素が十分に取れず、乾燥肌となってしまうケースがあります。

1日3食、バランスの良い食事に切り替えて肌の潤いに必要な成分をしっかりと補いましょう。

日々の悪い生活習慣

睡眠不足やエアコン、ストレスなどの悪い生活習慣は、肌のターンオーバーを乱れさせたり、角質層の水分を奪ってしまうため、乾燥肌になってしまうケースがあります。

ストレスなどの改善は難しい場合もありますが、改善できそうなところから生活習慣を見直していきましょう。

加齢による乾燥肌の原因と対処方法

最初に乾燥肌には美顔器は最適ではないとお伝えしましたが、それは一般的な乾燥肌の場合です。
もしあなたが40代50代で、加齢による乾燥肌の悩みを抱えている場合は、美顔器を積極的に使いましょう!

加齢による乾燥肌の原因

一般的な乾燥肌とは違い、年齢を重ねると潤いを助ける肌の「皮脂、天然保湿因子、角質細胞間脂質」が何もしなくても段々と減少してきます。

ですから、加齢による乾燥肌の場合は、肌本来備わっている保湿機能以外に、外部から潤い成分を与えてあげる必要があるんです。

潤いを与えるのには美顔器が一番

加齢による乾燥肌は外部からの潤いを与えるのがいいのですが、皆さん言われなくても化粧水や美容液を使って、毎日スキンケアしていますよね。

でも、手やコットンを使って美容液を塗布すると、肌の表面だけを潤している状態です。
潤い成分は肌の角質層の奥まで浸透させないと意味がありません。

美顔器を使えば、イオン導入などの機能を使って、肌の奥まで美容液を浸透させることができます。
その結果、加齢による乾燥肌に潤いを取り戻すことが可能なんです!

加齢による乾燥肌のおすすめ美顔器

加齢による乾燥肌対策に美顔器を導入する時には、イオン導入という機能のついている美顔器を選びましょう。
イオン導入というのは美容液の成分をイオン化して肌の奥まで浸透させる機能です。

加齢による乾燥肌対策には、この機能のついた美顔器を必ず選びましょう!

ちなみに、私のおすすめイオン導入のついた美顔器はこちらです。

ツインエレナイザー

ツインエレナイザーは、肌にハリとうるおいを与えるための美顔器で、イオン導入を始め、高周波(RF)や超音波など、加齢による乾燥肌におすすめの機能が備わっていますよ。

詳しくはこちらの記事で紹介しているので、参考にしてくださいね(^^)

【ツインエレナイザーは効果あり?】口コミ・評判や使い方も紹介

 

こちらの記事も人気です。
読んでみてくださいね(^^)
↓↓↓