美顔器って色々な種類がありますよね。
顔の上をコロコロ転がすローラータイプ、顔に当てる超音波などのタイプ、スチームの出るタイプ。

これらの種類で値段が違うのは当然かもしれませんが、同じ顔に当てるタイプでも何千円から何万円まで、美顔器によって全然値段が違ってくるんですよね^^;
それで、どれを選べばいいのか分からなくなったり、一番高いものを選んでおけばいいかな?と思い損してしまっていることもあります。

今回は美顔器選びに失敗しないために、美顔器ごとでなぜ値段が違うのか?という疑問を解決していきます!
美顔器選びの参考にしてくださいね(^^)

機能や素材によって値段の違いが出る

まずは一番一般的な理由からです!
それは、美顔器についている機能によって大きく値段が変わってきます。
一番分かりやすい理由なので、皆さんでも想像がつきますよね^^;

超音波がついている美顔器は今では一般的ですが、それに加えて様々な機能がついているものがあります。
例えば、肌のメイク汚れなどを落としてくれるイオンクレンジング機能、肌のリフトアップ効果のあるEMS機能など、色々な機能が蒸されていると値段が高くなっていく傾向にあります。

値段を抑えようと思うのなら、モチモチのうるおい肌には憧れるけど、たるみはあまり気にならない・・・といった場合はEMS機能はいらないかもしれませんね^^;

広告宣伝費

次は広告宣伝費です。
CMなどで沢山宣伝しているようなメーカーの美顔器は、宣伝費にもコストが持っていかれるので、その分美顔器の値段にも上乗せしている可能性があります。

ただしこれは一概に言えないところもあります・・・
広告宣伝費が多くかかりそうなのは、大手メーカーだと思いますが、大手メーカーはその分、海外で製造し人件費を抑えていたり、大量生産でコストを抑えていたりします。

ですから、CMを流しているから高い!とは言い難いですね^^;
でも値段の差が出やすい部分なのであげて見ました。

美容液などのために値段を下げている

美顔器メーカーの中には、美容液も一緒に取り扱っているメーカーもあります。
使用する美顔器によっては美容液が肌の奥に浸透するので、添加物などが入っている粗悪なものだと肌に悪影響を及ぼす可能性があります。
そのため美顔器とセットの美容液は、無添加で肌に優しいもの、そして美顔器に適した美容液が多いです。

そして、一度美顔器と一緒に専用の美容液を購入してもらえば、メーカー側としては美容液の方でも売り上げを立てられるというワケです。

ですから、後の美容液の売り上げも見越して、美顔器の値段を下げているケースも考えられます。

ショップによっても違う

最後は、ショップごとでも違うというお話です。

美顔器の販売代理として商品を仕入れ販売しているショップなども多いです。
そして、ショップにも2種類あって、美顔器を専門で扱っていたり、色々な商品の中で美顔器も一緒に扱っているケースもあるでしょう。

美顔器だけ扱っているショップは、仕入れも在庫も後者に比べると少なく、仕入れもまとめてできるので、値段を安くできるというワケです。

まとめ

美顔器の値段の差は様々ですが、大きく紹介した4つに分けられます。
購入の際に注意できるのは、

必要な機能がついた美顔器を選ぶ
美容液も含めた値段を想定して選ぶ
専門で取り扱っている安いショップを選ぶ

この3つではないでしょうか。
美顔器の値段の違いを見極めて、美顔器選びに失敗しないようにしたいですね(^^)

 

こちらの記事も人気です。
読んでみてくださいね(^^)
↓↓↓