今回はエステナードリフティのデメリットです。
実際に使ってみた感想をもとに、特に私が気になった順にお伝えしていきます。
ですから最後の方は気になる人もいるかな?という程度ですが、あなたの拘るポイントと照らし合わせて検討してみてください。

また、それぞれのデメリットに対して私なりの解決・改善策があるので、それも一緒に伝えていきますね(^^)

〈デメリット1〉ヘッドが大きくて小鼻回りに使いづらい

エステナードリフティはヘッド(顔に当てる部分)が大きめなので、小鼻回りなど「凹凸がある部分が少しやりにくい」というのがデメリットだと感じました。
大きいので頬やおでこなどには当てやすく時短になるのですが、小鼻回りにもしっかり当てたいという時にムズムズしちゃうかも(^^;
私は目の下のたるみをメインで使いたかったので、そこまで気になりませんでしたが、使う個所によりますね。

これで解決するかも

私の場合は小鼻回りには手で美容液を塗布しています。たるみとは関係ない場所なのでそれで十分かも。
鼻のギリギリまでエステナードリフティを当てたい場合は、美顔器と逆の手で肌を横に引っ張って当てるようにしましょう。
どうしても「ヘッドが大きい」というデメリットが気になる人は、エステナードリフティ以外の美顔器を選んでもいいかもしれませんね。

ヘッドが小さい美顔器「ララルーチュRF」

〈デメリット2〉ピリピリ痛いと感じることも

エステナードリフティにはRFとEMSという機能が付いていますが、両方とも「肌に当てるとピリピリ痛む」というのが次のデメリットです。
強さが3段階に設定できるのですが、レベル3にすると我慢できないくらい「痛い!」って感じちゃうかも(^^;
特にEMSの方は痛みが酷くて、私は未だにレベル3は使えません(^^;

痛いときはレベル1 & 当てる時間を調整

私の場合は、基本的にはレベル1で当てれば、痛さはあまりないので、これは大きなデメリットではありませんでした。
でも皮膚が薄い箇所など、場所によってはレベル1でも結構ピリピリ痛むときが、そんな時は肌に当てる時間を短くするようにしています。
痛いってのは効いている証拠でもあるので、多少のガマンは必要かもしれませんね。
そのうち「痛くないと逆に効いている気がしない」って思えてくるはず(^^)

〈デメリット3〉美容液が思ったより小さい

最初にエステナードリフティの箱を開封した時に「ジェルがちっちゃい!と思った」というのが次のエステナードリフティのデメリットです。
結果的には1日2プッシュで1か月くらい持ちましたが、最初はビックリしましたね(^^;
大きめのジェルを想像している人は、開封した時に驚いちゃうかも。

ジェルを長持ちさせたいなら

私の場合、ジェルは1ヶ月くらい持ちますが、もしもっと長持ちさせたい時は使い方を変えるのがおすすめ(^^)

本来の使い方

本来の使い方は、1度顔全体にジェルを馴染ませてから、エステナードリフティを顔のパーツごとに当てていきます。
そしてジェルが乾いてきたらもう1プッシュ手に取り馴染ませて・・・という繰り返しになります。

本来はこの使い方なんですが、ジェルを節約したいときはこんな使い方もできますよ。

長持ちさせたい時の使い方

ジェルを0.5プッシュ手に取り、顔の片側に馴染ませてからエステナードリフティを当てていきます。
そして終わったら顔のもう片側も同じ手順で当てていきます。

こんな感じで顔のパーツごとに分けてジェルを塗布して行くと、エステナードリフティを当てている間にジェルが乾いてしまうのを防ぐことができ、節約することができますよ。

公式な使い方ではないですが、「ジェルが小さくて長持ちしないかも・・・」というデメリットを解決したい時は、試してみてもいいかも(^^)

〈デメリット4〉使った日を忘れちゃう

週に2~3回(2日置き)使えばOKなので、ケアが簡単なエステナードリフティですが、逆に日にちが空くので前回いつ使ったのか忘れちゃうことがあります。
そうすると有耶無耶になって、エステナードリフティの習慣が付きづらくなっちゃうかも。
これは他のことで忙しくて頭がいっぱいになっちゃう人にとっては、大きなデメリットかもしれませんね(^^;

メモを活用しよう

もし使った日を忘れちゃって中々習慣になりづらい時は、カレンダーを使ってケアした日をメモしておきましょう。
卓上カレンダーやスケジュール帳、スマホのカレンダーアプリなど、自分がよく使うモノにメモしておくと忘れにくくなりますよ。

またもし忘れちゃっても、またそこから使い始めればOK。
きっちり2~3日置きに使いたいかもしれませんが、あまり硬く考えずに長い目で見て習慣づけていくようにしましょう(^^)

〈デメリット5〉スイッチオンが少し煩わしい

エステナードリフティの使い方は簡単で、RFとEMSのボタンを操作するだけで使うことができます。
でも私はRFとEMSを必ず一緒に使うので、毎回使うたびに両方のボタンを長押しして電源を入れるの煩わしいと感じます。
ちょっとした事でデメリットと呼べないようなことですが、毎日使っていると少しだけ気になりました。

解決方法はないかも

これは私も解決方法を教えて欲しいという感じです。
でも私以外の人は、このくらいの操作は面倒だと感じないかもしれません(^^;
だって、よく考えてみたら1秒くらいの時間の差ですからね・・・

5番目に挙げているくらいなので、私もそこまでデメリットだと感じていないのかも。

ちなみに操作が簡単な美顔器はこちらです。

操作が簡単な美顔器「ララルーチュRF」を見る

最後に

今回はエステナードリフティのデメリットと私なりの解決方法をご紹介しました。
役に立つ内容は得られましたか?
もしまだ疑問がある場合はお気軽にお問い合わせください。
分かる範囲になりますが、お応えしますね。

以上「エステナードリフティのデメリット|実際に使い学んだ解決方法も紹介」でした。
最後までありがとうございます。

ちなみに私がエステナードリフティ本体を使ってみた感想などはこちらの記事でお伝えしています。
まだエステナードリフティ使っていない人は参考にしてみてくださいね!

目元たるみが薄くなってきた|私がNo1美顔器「リフティ」を選んだ理由

この記事が参考になった方は以下から「いいね」頂けると嬉しいです。
今後の励みになります(^^)
↓↓↓↓↓