ローラータイプの美顔器は店頭でもよく見かけますよね。
普通の美顔器を取り扱っていなくても、美顔ローラーだけは取り扱っているところも多いです。

そのため気軽に購入できて、気軽に場所を選ばずに使えるため、あまり肌への影響を考えずに使っている人も少なくありません。

今回は、美顔ローラーで肌トラブルを起こさないために、美顔ローラーで注意すべき点をいくつかご紹介していきますね。

勘違いしていたのなら、是非今日から改めてくださいね(^^)

〈美顔ローラーの注意点1〉安物を使わない

まずは購入に関する注意点からご紹介します。
どんなに使い方がよくても、これが間違っていると、どうしようもありませんからね(^^;

美顔ローラーは実店舗、ネットを含め、様々な場所で販売されているので、気軽に購入できてしまいます。
そこで、どんなものを選べばいいかわからず、値段の安さだけで購入してしまうのは、とても危険です!

値段に注目

美顔ローラーを選ぶときは、まずは値段に注目しましょう。
2,000円〜くらいの安物ではあまり良いものを見かけません(^^;

素材に注目

次に美顔ローラーの素材に注目しましょう。
ローラー部分の素材にゴムやプラスチック、シリコンなどが使われているものは、肌への摩擦が生じてしまい、シミなどの肌トラブルの原因となってしまいます。

良質な美顔ローラーは、肌に吸い付くような感じで、しっかり持ち上げてくれますよ!

〈美顔ローラーの注意点2〉力を入れすぎない

ここからは使用時の注意点をご紹介していきます。

美顔ローラーでお肌をしっかり持ち上げようとして、ギュッと力を入れすぎてしまうのはNG・・・
これもまた摩擦が強くなりシミなどの肌トラブルの原因となってしまいます。

ムリに力を入れなくても、「注意点1」を守って良質な美顔ローラーを使うと、力を入れなくてもキュッとお肉を掴んで持ち上げてくれますよ(^^)

〈美顔ローラーの注意点3〉即効性を求めない

人によっては、美顔ローラーを使った直後に肌のリフトアップなどを実感できると思います。
でも、これって実は持続性がなく、次の日には元に戻ってしまっているんですよね(^^;

そんな時でも「あれ?効果がない・・・」と思わずに、何ヶ月か続けてみてください。

段々と肌の血行が良くなり、顔のたるみが段々と改善されてきますよ。

〈美顔ローラーの注意点4〉カサカサの状態で使わない

美顔ローラーは、美容液などで潤った状態で使うのが一番おすすめです。

すの状態で使っても構いませんが、あまりにもお肌に潤いがなくカサカサの状態だと摩擦の原因となるかもしれません・・・

〈美顔ローラーの注意点5〉使用できない人・部位もある

美顔ローラーは妊娠初期・生理中などの肌が敏感になりがちな時期の使用は避けた方がいいでしょう。
金属アレルギーの人も金属素材であれば使えません。

また、それ以外の人でも、粘膜部分や傷や炎症がある部分は避けて使用してくださいね。

〈美顔ローラーの注意点6〉お風呂では使えない

お風呂でリラックス中に使いたい!という人もいるかもしれませんが、金属の劣化やサビの原因ともなるので、あまり好ましくありません(^^;

ただし、美顔ローラーによっては使えるものもありますよ!

お風呂で使うなら「リファ カラット」

もしお風呂で使いたい場合は防水機能がついている「リファカラット」を使いましょう。
30分以内であれば湯船の中につけてしまっても問題ないみたいです。

ただし、入浴剤が入ったお風呂、温泉などで使ってしまうと変色・故障の原因となるので、避けたほうがいいみたいですね(^^;

まだ美顔ローラーを持っていない人は、こちらの記事もチェック!
リファカラットも紹介していますよ(^^)