シミは自然に治癒する場合もありますが、美容皮膚科などで処方してもらわない限り、ずっと肌に残ってしまうケースもあります。
一生シミと付き合っていかなければいけない人生ってイヤですよね^^;

シミは若いうちの日々の生活習慣が大きく関係していますが、年齢を重ねてからでも遅くはありません。

一度シミができてしまった人も、次のシミを作らせないために、今回の記事を見てシミを予防しましょう!

メラニンは肌の味方!?シミができる原因

シミというのは、体内で作られたメラニンが沈着してできたものです。
最近はよく耳にする機会が多いので、コレは知っている人も多いですよね(^^)

そして、メラニンは紫外線を浴びた時に生成され、紫外線から身を守る役割を担っています。

シミができるからメラニンは敵!というイメージがありますが、実は身体にとって必要なものなんですね^^;

でもいくら必要とはいっても、シミの原因になるのなら生成されて欲しくない・・・

ですが、通常は肌にはターンオーバーというものがあって、肌の奥で生成されたメラニンも、シミになる前に垢としてポロっと剥がれ落ちるので、シミになることはありません。

しかし紫外線を浴び過ぎて、過剰にメラニンが生成されると、ターンオーバーで排出しきれずに残ってしまったり、加齢、乾燥、アルコールなどの食習慣、睡眠不足などの影響でターンオーバーが乱れたりすると、排出されずにシミとなって残ってしまうというワケです。

シミの予防法1

まずは、シミができないために、今すぐにでもできる予防法をご紹介します。
普段の行動を一度見直して見てくださいね!

日焼けから身を守る

メラニン生成の原因は紫外線なので、まずは紫外線を過剰に浴び過ぎないよう注意しましょう。
体は服で守ることができますが、顔はむき出しになっているので、紫外線の攻撃を受けやすいですよね^^;
ですから、外出する際は紫外線対策として日焼け止めを塗ることを忘れないようにしましょう。

一見紫外線が少なそうな曇りの日でも、晴れた日の60%程度の紫外線があると言われています。
天候や季節に関係なく紫外線対策をしっかりして、メラニン生成を極力抑えるようにしましょう。

また、肌への刺激のこともあるので、天候によって日焼け止めの強さ(SPF)を使い分けるのもおすすめです。

生活習慣を整える

次のシミの予防法は、生活習慣です。
日焼けから身を守ることが前提ですが、その上で肌のターンオーバーを見出すような、過度なアルコール摂取、継続的な睡眠不足、暴食などを控えるようにしましょう。

シミの予防法2

次はスキンケアを使った予防法です。
予防法1と並行して正しいスキンケアでシミを予防しましょう。

保湿をしっかり行う

スキンケアの基本は保湿です。
シミだけに限らず、肌を保湿することで様々な効果があります。

洗顔→化粧水→美容液→クリームなどでフタと、基本的な順番を守って保湿していきましょう。

美白化粧品を使う

美白成分のある化粧品を使ってスキンケアを行うこともシミを予防する上でとっても大事です。

例えば代表的なものに「ビタミンC誘導体」というものがあります。
ビタミンC誘導体はメラニンの生成を抑えてくれる働きがあるので、過剰にメラニンを生成してシミになってしまうことを防ぐことができますよ。

そのハイドロキノンは肌の漂白剤と言われていて、高い美白効果がありますよ!

シミの予防には美顔器がおすすめ

ここまで、シミの原因と予防方法をお伝えしました。
これらを守って、シミのないキレイな肌を目指したいですね(^^)

そして、既にシミがきになる年代になってきた・・・
更に効果を実感したい!と感じている場合は、美顔器を併用して使用することもおすすめです!

美顔器を使用すると、予防法2でご紹介したようなスキンケアでのシミの予防を効果的にアシストしてくれますよ。

具体的にはこちらの記事に続きを書いたので、参考にしてくださいね(^^)

美容液も大事。シミの予防におすすめの美顔器はコレ!

 

こちらの記事も人気です。
読んでみてくださいね(^^)
↓↓↓